手作り結婚指輪の体験談 - 手作りで結婚指輪を作ってみた!

手作り結婚指輪の体験談

私は現在結婚6年目になりますが、結婚当時のことは今でも鮮明に思い出せます。
なぜ6年も前のことを事細かに覚えているのか、その理由はもちろん結婚式という特別なイベントがあったから、というのもあります。
しかしもう一つの大きな理由として「結婚指輪を手作りしたから」という理由も挙げらるのです。

なぜ私が自分自身で結婚指輪を手作りしたのか、どのようにして結婚指輪を手作りしたのか、なぜそれが理由で鮮明な記憶が残っているのか、などなど、今回は私の体験談を語らせていただきます。
これから結婚指輪を手作りしようかと検討している方に私の体験談が参考になるかは分かりませんが、ぜひご一読ください。

当時、私は東京の杉並区に住んでおり、インターネット関連の営業職に就いていました。
給料はそこまで低賃金ではありませんでしたが、身の丈に合わない家賃のマンションを借りてしまったので、インセンティブが無い月が続くとそれなりに生活も苦しくなることがありました。
当時は婚約者であった妻と同棲していましたが、結婚式に向けて貯蓄をしていたため、式の準備期間中はかなり切り詰めた生活をしていたのを覚えています。

そんな中でやはり悩みの種となったのが、結婚指輪の購入費用です。
既婚者の皆さまはご存知かと思いますが、結婚式は挙式から披露宴まで含め、300万円、400万円という費用が必要となるのが一般的です。
ありがたいことに両家から結婚式費用の一部を援助してもらいましたが、それでも200万円ほどは自分たちで用意する必要がありましたので、食費や生活費を削りながらお金を溜めていたのです。
そんな節制中の私たちにとって、結婚指輪の出費はバカにならないものでした。

しかし私の場合、妻への婚約指輪をそれなりの高額な指輪にしていたため、妻も「結婚指輪は安いものでもいいよね」と言ってくれたことが幸いでした。
私自身も結婚指輪は婚約指輪よりも安くて良い、という通例があることは知っていたので、私たちは安心して、新宿にある比較的安いと評判な某有名ジュエリーブランドショップを訪れたのです。

しかしそこで私たちが目にしたのは、10万円、20万円という、私たちの予想をはるかに上回る相場の指輪たちでした。
もちろん中には2万円~3万円程度の指輪もありましたが、店員さんに尋ねたところ、「結婚指輪ならばプラチナのこちらがおすすめですよ。」と案内されたため、数万円の指輪を購入し結婚指輪とすることが、なんだか気恥ずかしくなってしまったのです。
とはいえ、無い袖は振れないので、私たちは「また今度きます」とうそぶき、お店を後にしました。

家に帰った私たちは、大いに悩みました。
妻も私も、結婚指輪の相場を少しなめていたのでしょうか?
私は困り果て、インターネットで調べてみることにしました。

するとどうでしょう。
結婚指輪は数万円のものを用意した、という人の体験談などが数多く出てくるではありませんか。
やはり数万円の指輪を結婚指輪とすることは、決して恥ずかしいことではなかったようです。
そんな体験談を眺めていると、一つ気になる記事が出てきました。
その記事の内容は、「結婚指輪を手作りした」というものでした。
結婚指輪はジュエリーショップで購入する物という発想しかない私たちにとって、まさに寝耳に水でしたが、「これはひょっとして、私たちにぴったりの発想なのではないか?」とも思えたのです。

そして手作り結婚指輪をつくるにはどうしたら良いのか、いろいろと調べてみました。
キットを購入する方法、工房の教室を利用する方法、銀食器を加工する方法など、さまざまな手段があるようです。
ちょうど自宅に使っていない銀のスプーンがいくつかあったので、私はとりあえず、それを加工してみることにしたのです。

作業は思ったよりも簡単でした。
近所の雑貨屋からハンマーや金属カッターなどを購入し、自分で加工してみたところ、立派なシルバーリングが完成したではありませんか。
割と手先の器用さには自信のある方でしたが、それにしてもあっさりと完成してしまい、少し拍子抜けでもありました。
しかし割と派手な食器の柄をそのまま装飾とした指輪ですので、結婚指輪には向いていないような気がします。
そこで私たちは新たに棒状の銀材を購入し、それを加工し結婚指輪にすることに決めたのです。

私はスプーンを加工したときよりも簡単に完成してしまいましたが、大変だったのは妻でした。
お互いに相手の指輪を作ろう、と決めたのですが、妻はもともと不器用な方だったので、なかなか指輪が思ったように加工できないでいたのです。
私が手取り足取りフォローしながら、数日間かけてやっと完成しました。

そして式本番、私たちは厳粛な雰囲気の中、自分たちで作った手作り結婚指輪で指輪交換をしたのです。
実質的に一人当たり数千円の費用で結婚指輪を手作りすることができました。

当時の妻が結婚指輪の手作りに悪戦苦闘する姿は可愛らしくもあり、今でも手作り結婚指輪を見るたびにそれを思い出します。
そんな手作り結婚指輪そのものへの思い出があったからこそ、今でも当時のことを思い出すことができますし、手作りの結婚指輪を見るたびに妻への愛情と感謝の気持ちが湧いてくるのです。
安いシルバーリングですが、今では私たち夫婦のかけがえのない宝物となっています。
結婚指輪 手作り

新着情報

結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法

結婚指輪から宝石が外れてしまったとき

結婚指輪には、ダイヤモンドやメレダイヤであったり、サファイアやルビーなどといった誕生石を付ける人たちもいるはずです。
付け方は、様々ですが、何かの衝撃で石が外れてしまうということも珍しくありません。

外れるときには、リングの変形により外れてしまう場合や石を留める爪のゆるみや折れなどにより外れてしまう場合がありますので、指輪の爪など状態をときどきチェックしておくことも必要です。
指輪の変形については、指輪の素材に注目する必要があります。

≫ 『結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法』

可愛い結婚指輪を手作り

技術と道具があれば自分でも指輪を作れる

通常結婚指輪を手作りする場合、工房に行って行うのが一般的です。

工房なら全く技術力がなくても職人が指導をしてくれるので、安心して利用することができるでしょう。

他にも結婚指輪を手作りする方法が存在しているのですが、それは自分たちで最初から最後まで作る方法です。
≫ 『可愛い結婚指輪を手作り』

ペアで10万で結婚指輪を作れた

10万での手作りは最初は無理かと思いました

結婚指輪を探し始めた頃は10万あればいけるだろうと思ってました。

全然相場がわかってなくて、お店に行ったら10万なんて指輪1つ分の値段で、ペアで揃えようと思ったら20万くらいが最低ラインだったと知ったんです。

ぼくたちはあまりお金がなくて、指輪は正直諦めようかとすら思いました。

そんなときに知ったのが結婚指輪の手作りだったんです。

自分で作れば安くなるかもというのは単純にすぐ思ったので、その工房のサービスを詳しく調べてみたんです。

そしたら10万でも全然いけそうだとわかって、その時点でほとんどこれに決めました。

工房へ相談に行く

かなり期待を持って工房に相談に行ってみました。

ちなみに工房にもいろいろなお店があったけど、ぼくたちはなるべく安いお店を選んでいます。

そのおかげで、値段はデザイン次第だけど10万あれば十分にいけることを説明されて安心しました。

指輪作りの方法も丁寧に説明してくれて、素人のぼくたちでも作れそうだと思い、そのまま作ることにしました。

≫ 『ペアで10万で結婚指輪を作れた』

結婚指輪にルビーを使う

ルビーを使って手作り指輪を作る

結婚指輪は手作りをしたいと考えている人も多いでしょうが、宝石を使いたいという人もたくさんいます。

結婚指輪に使用する宝石の定番と言えばダイヤモンドですが、もちろんダイヤモンドにしなければいけないという決まりはないので、他の宝石を使っても問題はありません。

実際既製品でも他の宝石を使った指輪が販売されていますし、結婚指輪に使う人もいるのです。

では、ダイヤモンド以外にはどの宝石がおすすめなのでしょうか。

もちろん自分の好きな宝石を使えば問題ないのですが、ルビーを使う人もいるのです。

ルビーと言えば赤い宝石であり、知名度の抜群の高級な物として知られています。

もしルビーを使いたい場合には、手作りをするときにその旨を伝えれば使用することができます。

重要なのはどのように使用するかなのですが、ルビーをある程度大きくして、1つ付けることも可能です。

≫ 『結婚指輪にルビーを使う』

30代だからこそ作れる手作り結婚指輪

30代が選ぶ結婚指輪

30代は年収の幅が広いため、店舗で売られている既製品の物を購入していく人もいれば、手作りで結婚指輪を作成する人もいます。

年収であったり、その人の考え方によって、結婚指輪を選ぶ幅も広くなってくる時期であるといえるでしょう。

人気の高い手作りで結婚指輪

最近では、手作りで結婚指輪があらゆる人に認知されはじめ、人気は高く、30代の人達で手作り結婚指輪を選ぶケースも多いです。

プロの職人のサポートもあり既製品にしか見えないのが手作り結婚指輪です。

≫ 『30代だからこそ作れる手作り結婚指輪』