体験談 についての記事一覧 - 手作りで結婚指輪を作ってみた!

HOME » 体験談

体験談

手作りの結婚指輪って実際にどんな感じですか?

手作り結婚指輪を調査

結婚指輪を手作りするとどうなるのかは、実際に体験してみない限りは分らないものです。しかしファッション用指輪の手作りならばまだしも、結婚指輪は何度も作るものではありません。
そこで手作りの結婚指輪がどんなものか、実際に調査してみました。
≫ 『手作りの結婚指輪って実際にどんな感じですか?』

人気ランキング上位に食い込んでいる工房の特徴

人気ランキングの秘密は?

結婚指輪が手作りできる工房は、たくさんあります。たくさんありすぎて、何処に頼めば良いのか分からなくなるでしょう。そこで利用したいのが、人気ランキングです。人気があるからと、必ずしも良い結婚指輪が手に入るとは限りません。ランキングが下の方にあるからと、その工房が必ずしも良くない工房とは限らないのも事実です。
しかし人気ランキング上位に食い込んでいるということは、何かしらの理由があるのも、また事実。実際に大人気の工房を例に、人気の秘密について探ってみます。
≫ 『人気ランキング上位に食い込んでいる工房の特徴』

最初から最後まで手作り

全部自分で手作りできるのか

結婚指輪を手作りする場合、通常は工房に行って職人の指導を受けながら行います。
しかも最初から最後まで自分たちで行うのではなく、最初の作業と仕上げの作業のみを自分たちで行うことが多いでしょう。

では、最初から最後まで結婚指輪を自分だけで手作りすることはできないのかというと、決してそのようなことはありません。
ただし、使用する工具類や指輪に使用する素材などを全て自分で集めてくることになるので、ある程度の知識を身に着けておく必要もありますし、技術力も必要になります。

まずは必要になる工具類を全て揃えなければいけませんが、何が必要なのかもわからない場合には、インターネットで調べてみましょう。
工具類は業務用であってもインターネットから購入できるので、工具類を揃えるのは比較的簡単に行えます。

重要なのは作業手順ですが、まずは素材をローラーで引き延ばし、適度な大きさに揃えていきます。
次にリングの形になるように整形し、リングベンダーという工具を使って筒状にします。

継ぎ目をロウ付けで埋めていき、研磨をすれば完成となります。
刻印や模様、宝石などを使用する場合にはさらに高度な技術が必要になるでしょう。
≫ 『最初から最後まで手作り』

味のある手作り指輪

手作りを体験してみるのもよい経験になる

今は結婚指輪も手作りできる時代ですが、比較的簡単な作業のみ自分たちで行うので、だれでも気軽に手作りをすることができます。
もちろんどのような材質の結婚指輪にするのか、宝石は使用するのかなど、使用する素材やデザインなども全て自分たちで決めることができるのです。

手作りをするとより愛着がわき、大切にしようと思う人も多いでしょう。
一生の思い出になるだけではなく、他に2つとない結婚指輪を作ることができるので、手作りを体験してみるのもよい経験となります。

結婚指輪を作る場合、工房と呼ばれているところに行くことになりますが、まずは予約をしましょう。
それから使用する素材や宝石を決め、デザインを決めてから手作りをすることになるのですが、人によってはなかなか決められないこともあります。

そんなときには職人に相談をして決めることもできるのです。
結婚指輪の手作りを体験したら、ゴム型を残してもらうことでまた同じ結婚指輪の作成が可能になります。
≫ 『味のある手作り指輪』

結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法

結婚指輪から宝石が外れてしまったとき

結婚指輪には、ダイヤモンドやメレダイヤであったり、サファイアやルビーなどといった誕生石を付ける人たちもいるはずです。
付け方は、様々ですが、何かの衝撃で石が外れてしまうということも珍しくありません。

外れるときには、リングの変形により外れてしまう場合や石を留める爪のゆるみや折れなどにより外れてしまう場合がありますので、指輪の爪など状態をときどきチェックしておくことも必要です。
指輪の変形については、指輪の素材に注目する必要があります。

≫ 『結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法』

可愛い結婚指輪を手作り

技術と道具があれば自分でも指輪を作れる

通常結婚指輪を手作りする場合、工房に行って行うのが一般的です。

工房なら全く技術力がなくても職人が指導をしてくれるので、安心して利用することができるでしょう。

他にも結婚指輪を手作りする方法が存在しているのですが、それは自分たちで最初から最後まで作る方法です。
≫ 『可愛い結婚指輪を手作り』

ペアで10万で結婚指輪を作れた

10万での手作りは最初は無理かと思いました

結婚指輪を探し始めた頃は10万あればいけるだろうと思ってました。

全然相場がわかってなくて、お店に行ったら10万なんて指輪1つ分の値段で、ペアで揃えようと思ったら20万くらいが最低ラインだったと知ったんです。

ぼくたちはあまりお金がなくて、指輪は正直諦めようかとすら思いました。

そんなときに知ったのが結婚指輪の手作りだったんです。

自分で作れば安くなるかもというのは単純にすぐ思ったので、その工房のサービスを詳しく調べてみたんです。

そしたら10万でも全然いけそうだとわかって、その時点でほとんどこれに決めました。

工房へ相談に行く

かなり期待を持って工房に相談に行ってみました。

ちなみに工房にもいろいろなお店があったけど、ぼくたちはなるべく安いお店を選んでいます。

そのおかげで、値段はデザイン次第だけど10万あれば十分にいけることを説明されて安心しました。

指輪作りの方法も丁寧に説明してくれて、素人のぼくたちでも作れそうだと思い、そのまま作ることにしました。

≫ 『ペアで10万で結婚指輪を作れた』

結婚指輪にルビーを使う

ルビーを使って手作り指輪を作る

結婚指輪は手作りをしたいと考えている人も多いでしょうが、宝石を使いたいという人もたくさんいます。

結婚指輪に使用する宝石の定番と言えばダイヤモンドですが、もちろんダイヤモンドにしなければいけないという決まりはないので、他の宝石を使っても問題はありません。

実際既製品でも他の宝石を使った指輪が販売されていますし、結婚指輪に使う人もいるのです。

では、ダイヤモンド以外にはどの宝石がおすすめなのでしょうか。

もちろん自分の好きな宝石を使えば問題ないのですが、ルビーを使う人もいるのです。

ルビーと言えば赤い宝石であり、知名度の抜群の高級な物として知られています。

もしルビーを使いたい場合には、手作りをするときにその旨を伝えれば使用することができます。

重要なのはどのように使用するかなのですが、ルビーをある程度大きくして、1つ付けることも可能です。

≫ 『結婚指輪にルビーを使う』

30代だからこそ作れる手作り結婚指輪

30代が選ぶ結婚指輪

30代は年収の幅が広いため、店舗で売られている既製品の物を購入していく人もいれば、手作りで結婚指輪を作成する人もいます。

年収であったり、その人の考え方によって、結婚指輪を選ぶ幅も広くなってくる時期であるといえるでしょう。

人気の高い手作りで結婚指輪

最近では、手作りで結婚指輪があらゆる人に認知されはじめ、人気は高く、30代の人達で手作り結婚指輪を選ぶケースも多いです。

プロの職人のサポートもあり既製品にしか見えないのが手作り結婚指輪です。

≫ 『30代だからこそ作れる手作り結婚指輪』