体験談 についての記事一覧 - 手作りで結婚指輪を作ってみた!

HOME » 体験談

体験談

結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法

結婚指輪から宝石が外れてしまったとき

結婚指輪には、ダイヤモンドやメレダイヤであったり、サファイアやルビーなどといった誕生石を付ける人たちもいるはずです。
付け方は、様々ですが、何かの衝撃で石が外れてしまうということも珍しくありません。

外れるときには、リングの変形により外れてしまう場合や石を留める爪のゆるみや折れなどにより外れてしまう場合がありますので、指輪の爪など状態をときどきチェックしておくことも必要です。
指輪の変形については、指輪の素材に注目する必要があります。

≫ 『結婚指輪から宝石が外れてしまった場合の対処法』

可愛い結婚指輪を手作り

技術と道具があれば自分でも指輪を作れる

通常結婚指輪を手作りする場合、工房に行って行うのが一般的です。

工房なら全く技術力がなくても職人が指導をしてくれるので、安心して利用することができるでしょう。

他にも結婚指輪を手作りする方法が存在しているのですが、それは自分たちで最初から最後まで作る方法です。
≫ 『可愛い結婚指輪を手作り』

ペアで10万で結婚指輪を作れた

10万での手作りは最初は無理かと思いました

結婚指輪を探し始めた頃は10万あればいけるだろうと思ってました。

全然相場がわかってなくて、お店に行ったら10万なんて指輪1つ分の値段で、ペアで揃えようと思ったら20万くらいが最低ラインだったと知ったんです。

ぼくたちはあまりお金がなくて、指輪は正直諦めようかとすら思いました。

そんなときに知ったのが結婚指輪の手作りだったんです。

自分で作れば安くなるかもというのは単純にすぐ思ったので、その工房のサービスを詳しく調べてみたんです。

そしたら10万でも全然いけそうだとわかって、その時点でほとんどこれに決めました。

工房へ相談に行く

かなり期待を持って工房に相談に行ってみました。

ちなみに工房にもいろいろなお店があったけど、ぼくたちはなるべく安いお店を選んでいます。

そのおかげで、値段はデザイン次第だけど10万あれば十分にいけることを説明されて安心しました。

指輪作りの方法も丁寧に説明してくれて、素人のぼくたちでも作れそうだと思い、そのまま作ることにしました。

≫ 『ペアで10万で結婚指輪を作れた』

結婚指輪にルビーを使う

ルビーを使って手作り指輪を作る

結婚指輪は手作りをしたいと考えている人も多いでしょうが、宝石を使いたいという人もたくさんいます。

結婚指輪に使用する宝石の定番と言えばダイヤモンドですが、もちろんダイヤモンドにしなければいけないという決まりはないので、他の宝石を使っても問題はありません。

実際既製品でも他の宝石を使った指輪が販売されていますし、結婚指輪に使う人もいるのです。

では、ダイヤモンド以外にはどの宝石がおすすめなのでしょうか。

もちろん自分の好きな宝石を使えば問題ないのですが、ルビーを使う人もいるのです。

ルビーと言えば赤い宝石であり、知名度の抜群の高級な物として知られています。

もしルビーを使いたい場合には、手作りをするときにその旨を伝えれば使用することができます。

重要なのはどのように使用するかなのですが、ルビーをある程度大きくして、1つ付けることも可能です。

≫ 『結婚指輪にルビーを使う』

30代だからこそ作れる手作り結婚指輪

30代が選ぶ結婚指輪

30代は年収の幅が広いため、店舗で売られている既製品の物を購入していく人もいれば、手作りで結婚指輪を作成する人もいます。

年収であったり、その人の考え方によって、結婚指輪を選ぶ幅も広くなってくる時期であるといえるでしょう。

人気の高い手作りで結婚指輪

最近では、手作りで結婚指輪があらゆる人に認知されはじめ、人気は高く、30代の人達で手作り結婚指輪を選ぶケースも多いです。

プロの職人のサポートもあり既製品にしか見えないのが手作り結婚指輪です。

≫ 『30代だからこそ作れる手作り結婚指輪』

手作り結婚指輪の仕上がりは、プロ同様

手作り結婚指輪は実際どうなのか?

手作り結婚指輪の出来は、実際にどんな感じになるのでしょうか。

こればかりは、実際に作ってみない限りはわかりません。

しかし、結婚指輪は何回も作るものではありません。

複雑な事情があれば話は別ですが…。

そこで結婚指輪を手作りした人が投稿したSNSやネット掲示板から、手作り結婚指輪について探ってみました。

手作り結婚指輪はプロ級の仕上がり

手作り結婚指輪の仕上がりは、プロの指輪職人が作ったものとほとんど同じと言っても良いでしょう。

細かい細工を入れるのは、どうしても難しくなるそうです。

簡単な絵柄を入れるのは、可能です。

でもミクロ単位の細やかな模様に関しては、どこの工房も「厳しい」と投稿されていました。

ただ結婚指輪は日常的に身につけるものと考えると、かえってシンプルなデザインの方が良いのかもしれません。

妙にこだわりすぎたデザインは、最初は良いものの年月が過ぎると飽きてきます。

下手をすれば古臭さが滲み出るので、身につけることすらも恥ずかしくなるでしょう。

≫ 『手作り結婚指輪の仕上がりは、プロ同様』

結婚指輪購入口コミ「ダイヤモンドを裏側にすると普通の指輪にも」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

5

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私20万円 夫7万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

婚約指輪との重ね付けを考えていたので、エタニティタイプの結婚指輪を探していました。

しかし、エタニティとなると日常生活で物を握る時にひっかけてしまう可能性があると思い、毎日とつけるのならハーフエタニティの方が良いかと考えました。

ハーフエタニティのものはたくさんあり色々なブランドの物を見て回りました。

ハイブランドだと50万円をこえるものもあり予算オーバーでした。

たまたまタサキに立ち寄って見たスペランザというラインのハーフエタニティの指輪が20万円ほどで、ひっかかりの少ないダイヤの留め方をしているものだったので、日常生活で、何かに引っかかってしまったりすることもないと考えて決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ダイヤモンドを裏側にすると普通の指輪にも」』

手作りの結婚指輪を用意する

どのようにして結婚指輪を手作りするのか

自分で結婚指輪を作りたいと思った場合、最も一般的な方法は工房に行くことです。

工房はインターネットを使えば簡単に発見できるので、興味のある人は調べておくとよいでしょう。

見つけられたらまず工房の評判や、どのような素材を使うことができるのかなど、詳しく情報収集を行いましょう。

事前にどのようなデザインにするのか、どういった素材を使うのかなども検討しておかないといけません。

例えばプラチナの素材にダイヤモンドを取り付けたい場合には、プラチナの素材は取り扱っているのか、ダイヤモンドの装飾は可能なのかも調べておく必要があります。

評判や使用する素材などを確認し、問題なければ予約をします。

≫ 『手作りの結婚指輪を用意する』

結婚指輪購入口コミ「家事や育児など様々なシーンでも指輪を着けている」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

5

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫、妻各10万円

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まずは、指輪の着用感を第一に考えて夫婦で決めました。

仕事や家事、育児をする際に指輪が重かったり大きいと何かと不便になってしまいます。

指輪を着けたり、外したりしていると紛失してしまう可能性もあるため、着けたままの生活を考えると、サイズはコンパクトでスマートの指輪が良いという考えに至りました。

夫婦の意見が一致したため、決めるポイントとしてサイズや重量を1番に考えました。

また、予算も上限を20万くらいに決めて選びました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「家事や育児など様々なシーンでも指輪を着けている」』

ヴァンクリーフの結婚指輪

ヴァン クリーフ&アーペルとは

ヴァン クリーフ&アーペルとは、19世紀初頭に誕生したフランスのジュエリーブランドです。

取り扱うのは品質の高いハイジュエリーで、宝石だけではなく、時計や香水なども販売しています。

4つ葉のクローバーをモチーフとしたアルハンブラなどのアクセサリーが人気です。

ヴァン クリーフ&アーペルの結婚指輪

≫ 『ヴァンクリーフの結婚指輪』