体験談 についての記事一覧- ページ 2 / 4 - 手作りで結婚指輪を作ってみた!

HOME » 体験談

体験談

結婚指輪購入口コミ「特にピンクダイヤは希少」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

20代

3.現在、結婚何年目ですか?

2

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

男性側13万女性側30万

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ピンクダイヤとダイヤが交互に入っていてとても素敵だったので決めました。

特にピンクダイヤは希少だということ、そのピンクダイヤが安い、更に他店に比べて色濃く出ているところに魅力を感じました。

また、10数個のピンクダイヤから自分の好きな物を選ばせてくれるお店でしたので、自分で選ぶオリジナル感が出るのもポイントになりました。

デザインもクロスになっていて存在感があり、クロスの片側のみつや消し加工が出来るところも気に入り購入しました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「特にピンクダイヤは希少」』

予算10万で結婚指輪を作る方法

予算10万での結婚指輪作り

予算10万でもうまくいけば結婚指輪を作れます。

10万円ほどで指輪作りができる工房もありますから、そちらを使えば用意した予算の範囲内で結婚指輪を手作りできます。

工房を探そう

最初に大事なのは工房選びです。

結婚指輪を手作りするときにかかる費用は工房によって変わります。

予算10万と決めているならその範囲内で指輪作りができる工房を探しましょう。

かかる費用の目安はサイトに書いてあります。
≫ 『予算10万で結婚指輪を作る方法』

結婚指輪購入口コミ「「月の雫」という名前に惹かれて」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私:100,000円 夫:51,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

婚約指輪と同じブランドで揃えました。

そのブランドでは婚約指輪と重ね付けできる「セットリング」があり、デザインが素敵だったので、ぜひ私もセットリングにしたいと思っていました。

しかし、呼応する結婚指輪が石付きで結構華やかなデザインかつ高価だったので断念。

結婚前アクセサリーを付けなかった夫のことも考えた結果、シンプルなデザインと「月の雫」という名前に惹かれて今の指輪に決めました。

憧れのセットリングにはなりませんでしたが、結婚指輪が婚約指輪の石が付いている部分にぶつからないようなフォルムになっていたので、結果的に私の要望も叶った形になりました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「「月の雫」という名前に惹かれて」』

結婚指輪購入口コミ「一番の決め手はブランド」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

共に10万円位

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

元々予算は二人で20万円程度を予定しておりました。

嫁の意向でブランドは4℃で購入いたしました。

色々見て回り、予算で収まる指輪が少なかったため候補は三つ程しかなかったですが、自分は特にインパクトのあるデザインのものではなく、シンプルにツイスト状の指はにしました。

嫁は、ダイヤが中央に一つついたシンプルな物にしました。

どちらも指輪の裏にエメラルドの石と結婚記念日を掘っていただきました。

一番の決め手は4℃と言うブランドですかね(笑)
≫ 『結婚指輪購入口コミ「一番の決め手はブランド」』

結婚指輪「ビジネスシーン」向けデザイン

職場でも身に着けられるデザインの結婚指輪

結婚指輪を選ぶ時には、ビジネスの場で身に着けていても、不自然ではないデザインのものを選んだ方が無難です。

男性の場合は、シンプルなリングのみのデザイン、女性の場合は、ダイヤの数と大きさを控えめにしたデザインのリングが、職場でも違和感無く身に着けられるでしょう。
≫ 『結婚指輪「ビジネスシーン」向けデザイン』

結婚指輪購入口コミ「派手過ぎない、丈夫なものを重視して選びました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚2年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

共に10万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪は常に身に着けるものなので派手過ぎないもの、丈夫なものを重視して選びました。

予算も婚約指輪にお金をかけてしまったので20万円以下で探していました。

この結婚指輪に決めたポイントは1.シンプルで飽きの来ないデザイン、2.鍛造で丈夫、3.妻が気に入ってくれた、という点です。

一番の決定打は妻が気に入ってくれた点です。

自分も勿論、気に入っていますが、二人で着けるものなので二人ともが気に入った指輪ということが決定的でした。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「派手過ぎない、丈夫なものを重視して選びました」』

手作り結婚指輪の真実は?

手作り結婚指輪の本当のところ?

手作りの結婚指輪は思い入れも強く、夫婦にとって大切な宝物となるでしょう。しかし、想像と現実は違います。結婚指輪を選ぶのなら、色んな店に赴き見て回るのがベストです。でも手作りの結婚指輪の場合、デパートの試食みたいに色々と試すのは不可能です。そこで手がかりになるのが、口コミです。
過去に結婚指輪を手作りした人の口コミを調べれば、結婚指輪について色々と分かるでしょう。
≫ 『手作り結婚指輪の真実は?』

結婚指輪「100万円」のリング

結婚指輪を奮発!予算100万円で選ぶ

結婚指輪に100万円の予算は少しかけ過ぎかもしれませんが、人によっては奮発する場合もあるでしょう。
100万円ならばペアで揃えても50万円ずつ。
かなりランクの高い指輪を仕立てることができるでしょう。
場合によっては、半分をブランドものの指輪購入費にあてて、もう半分の予算を二人で手作り指輪を作って、デートを楽しむというのもアリではないかと思います。
≫ 『結婚指輪「100万円」のリング』

結婚指輪の負担について

愛と夢が詰まっている結婚指輪

結婚指輪は2人の愛の証であり、夢が詰まっています。
しかし愛と夢が詰まっている結婚指輪をどういう手段で手にするにしても、必要となるのがお金です。
誰がどういう形で結婚指輪を負担するかは、乗り越えるべき壁の1つです。

結婚指輪が誰が負担するのか?

誰がどういう形で負担したのかについては、ネット上でのアンケートでハッキリしています。アンケートによると最も多かったのが、夫が全額負担したものでした。
「結婚指輪は男が贈るもの」という認識があるためか、半数以上を占めていました。
≫ 『結婚指輪の負担について』

名古屋市民の手作り結婚指輪の体験談

今回の記事では、名古屋で結婚指輪を手作りした人、結婚指輪を手作りした名古屋在住の人などの体験談をまとめています。
これから手作り結婚指輪を検討している人に参考になりそうな体験談をまとめてありますので、メリットやデメリットなど、読み取ってみてください。

「私の生まれは東京都だが、嫁いだ際に旦那の実家である名古屋に引っ越した。
名古屋は観光葬祭にかなりお金をかける風習があるらしく、親戚の目もあり、最初は手作り結婚指輪にも少し抵抗があったが、旦那がどうしても結婚指輪を手作りしたいとこだわっていたのでそうすることにした。
やはり結婚式自体はかなり派手なものとなったが、私たちの作った結婚指輪はその式の雰囲気を壊すことなく、無事に式を終えることができた。
後から考えたら、結婚指輪をどう用意したかなど人に知らせるものでもないので、地域がらをそこまで気にすることもなかったと思う。
当時は結婚前で慣れない土地への警戒心もありナーバスになっていた。
今では親戚の集まりでも結婚指輪を手作りした際に旦那がハンマーで怪我をしたことを笑い話にすることもあり、良い思い出となっている。」

手作り結婚指輪を作るにあたって、地域がらが障害となるケースもあるということが伺える体験談ですね。
この体験談では結果としてそこまで気にする必要はなかったようですね。
結婚式前はいろいろとナーバスになる部分も多いので、冷静になって考えてみてみましょう。

「妻も私も静岡に住んでいるが名古屋で式を挙げた。
その式場が提携する工房で手作り結婚指輪を作ることを勧められたので、作ることにした。
提携しているのでかなり安くなるとのことで、実際に普通にジュエリーショップで指輪を購入した場合とは比較にならないほど安く作ることができた。
ただシルバーだとやはり劣化が気になるので、後にそのリングを完全再現したプラチナリングを作ってもらった。」

シルバーリングはどうしても劣化が気になるというデメリットもあります。
故に後からそのリングをプラチナやゴールドで再現する人も多いのです。
工房によってはそこまでを一貫して請け負ってくれるところもありますので、相談してみましょう。